top of page
  • co2create

【お子様も大満足のお部屋|インテリアコーディネート情報】押さえておきたい素敵で快適な子ども部屋づくりのためのポイントとは?


お子様部屋のつくりかたを機能性や収納性、装飾性の観点からインテリアコーディネートの方法をまとめています。

素敵で快適、そして安全な子供部屋を作ることは、子供にとって素晴らしい経験になります。子供部屋は、楽しさと創造性にあふれた場所でなければなりません。寝室を一からデザインする場合でも、微調整をする場合でも、小さな子供にとって素敵な場所にするためにできることはたくさんあります。今回は、子供部屋をデザインする際に考慮すべきポイントトップ5をご紹介します。


1.安全性

子供部屋をデザイン・装飾する際には、常に安全性を最優先に考えなければなりません。コードやコンセント、窓など、危険が潜んでいるものはすべて子どもの手の届かないところに置いてください。窒息や感電の危険もあるので、危険なものは目につかないところにしまっておきましょう。部屋が散らからないようにし、尖った角や危険な家具を置かないようにしましょう。


2.快適性

子供部屋は、快適さも重視したいものです。部屋の中が暑すぎたり寒すぎたりすると、子どもは眠れなくなったり、勉強がはかどらなくなったりします。寝具は、子どもにとって快適で、傷つきすぎず、暑すぎないものを選びましょう。また、部屋の温度は昼夜を問わず、比較的一定に保つことが大切です。


3.収納

子ども部屋には、適切な収納が不可欠です。おもちゃやその他のアイテムをきちんと整理できるよう、収納スペースがたくさんある家具に投資しましょう。収納ボックスや棚を設置すれば、小物類を床に置かずに済みますし、お子さまが必要なものを見つけやすくなります。また、おもちゃ箱を1つ、2つ用意すれば、散らかりがちな床をすっきりさせることができます。


4.デコレーション

子ども部屋は、楽しさと創造性にあふれた場所であるべきです。明るい色や楽しい柄、遊び心のある家具を取り入れて、楽しくて魅力的な部屋をつくりましょう。子供が実際に過ごしたいと思うような部屋であるべきなので、子供が実際に興味を持つようなアイテムを考えましょう。できれば、子どもの好きなキャラクターの絵を飾ったり、お気に入りのおもちゃをインテリアに取り入れたりしましょう。


5.レイアウト

子供部屋のレイアウトは、後回しにしないことです。ベッドの位置、机やドレッサーが必要かどうか、部屋に入る自然光の量などを考えてみてください。自然光は、お子さまを一日中元気にしてくれますし、逆に光が少なすぎると、部屋が暗くて陰気な感じになってしまいます。家具の配置や、お子さまが部屋を行き来できるスペースにも気を配ってください。


まとめ

子供部屋のデザインは、楽しくてやりがいのあるものです。ポイントを押さえれば、どんな子どもでもワクワクするような、安全で快適で心地よい空間にすることができます。安全性、快適性、収納、インテリア、レイアウトなどを考慮し、子どもにとって最適な部屋を作ってあげましょう。

閲覧数:61回0件のコメント

Comments


bottom of page